女の人

毛穴の働き|スキンケアでしっかりカバー!

洗顔の必須アイテム

ソープ

肌に良い洗顔

洗顔する際に、そのまま水かぬるま湯で洗うよりも、洗顔石鹸を使用すると汚れを程よく落とすことができます。洗顔石鹸を使って顔を洗う時に注意しなければならないことは、顔をゴシゴシと擦り過ぎないということです。擦ることで皮膚の表面を傷付けることにもなりますし、乾燥の原因になることもありますので、洗顔石鹸を使って洗う際には適切な方法で洗うことが大切です。具体的には、洗顔石鹸でまず泡を作ることから始めるのが良いです。手で十分に泡立ててから、泡で肌を包み込むようにして洗うことを心がけましょう。この時、肌に直接指が触れないようにして、泡だけで洗うようにすることがポイントです。そうすれば、肌を傷付けずに済みます。

すすぐときにも注意が必要

洗顔石鹸を使って顔を洗い終わったら、次にすすぎの段階になるわけですが、この時水ですすぎますと泡切れが悪くなりますので、必ずぬるま湯ですすぐようにしましょう。熱すぎるお湯も肌に刺激をもたらしますから、避けたほうが無難です。そして、すすぐ時の注意点としては、水を撥ねかけるように泡を落とすということです。肌の表面を擦るようにすすぎますと、洗顔石鹸に含まれている潤い成分まで落ちてしまい、せっかく程よく洗ったのに台無しになってしまいます。ですから、すすぐ時にも油断することなく、肌を保護するように泡を落とすようにしましょう。もちろん、タオルなどで拭く時も、ポンポンと抑えるようにして水気を取ることが大切です。